So-net無料ブログ作成
検索選択

Jabal Nebo [Jordan]


IMG_0569.jpg
Jabal Nebo : Canon IXUS 230 HS





Jabal Nebo


ヨルダンも5日目となり残りわずかです。
前日、ヨルダンの最南端の街、アカバまで来ましたが、
今日はひたすら北を目指します。

アカバから死海までは、ずっと谷状の地形になっている
のですが、ここは大地が裂けているからでアフリカ大陸
から続いている大地溝帯の一部です。
これから行く死海は大地溝帯の北端に位置していて、
海抜は-418m。地表で最も低い場所です。

この死海は流れ出る川が無いため、塩分濃度が30%も
あり、魚が生きることが出来ないためこのような名前と
なっています。それと、ここは塩分濃度が高いのでどんな
人でも浮くことができます。
なので、対岸のイスラエルまで泳いで行くことも可能ですが、
実際は途中で撃たれてしまうようです。(汗)

という訳で、死海に到着後、浮遊体験をしたのですが、最初
は体が回転してしまい、うまく浮くことができませんでした。

でも、コツを覚えれば誰でも浮くことはできると思います。
それと、新聞を持って浮くのは最初は無理かな。体に傷が
あると非常に沁みます。水は苦くて飲めません。
以上が注意点です。お風呂で真似をしないようにしましょう。^^


IMG_0479.jpgIMG_0530.jpg
アカバを出発します。写真の奥はイスラエル      北上すると死海が見えてきました。対岸はイスラエルです。
エイラートの街並みです。

IMG_0557.jpgIMG_0581.jpg
翌日はネボ山を目指します。                ネボ山にあった何かの記念碑。(汗)


IMG_0570.jpgIMG_0572.jpg
見晴らし台にあった位置図です。ベツレヘム、      ネボ山からの眺め。左が死海、奥がイスラエルです。
エルサレムなどが表記されています。

IMG_0587.jpgIMG_0599.jpg
キリスト教徒の街 マダバに到着です。           雰囲気は他の街と変わりません。     


IMG_0618.jpgIMG_0600.jpg
何と書かれているのか未だに解りません。          聖ジョージ教会に到着です。
数字だけは読めるようになりましたが・・・。

IMG_0602.jpgIMG_0606.jpg
教会の入口です。この中に有名なモザイクが       モザイク画の半分は地震で欠けてしまったようです。
あります。



そして、最終日(6日目)はネボ山とキリスト教徒の街マダバ
を見学してヨルダンのツアーは終了です。

ネボ山は旧約聖書に登場するモーゼがシナイ半島で十戒を
授かった後、「約束の地」の目前で亡くなったのが、このネボ
山だといわれています。ですので、ここはキリスト教徒の巡礼
地になっています。

そして、すぐ近くの小さな街マダバに到着です。マダバは
ヨルダンで一番キリスト教徒が多い街で人口75,000人の内、
半数がクリスチャンだそうです。ここは6世紀のパレスチナの
地図が描かれたモザイク画があるところで有名なところです。

ヨルダンを約1週間かけて周りました。通常はシリアなどの
他国との組み合わせが多いのでヨルダンはペトラあたりしか
行かないようですが、今回はヨルダン一カ国のみということで、
普通のツアーではあまり行かないところにも行けたのは良
かったかな。

久しぶりの旅行で楽しめましたが、中東近辺は行ける内に
行かないと駄目というのが今回の教訓です。次はどこだ。



【ヨルダンの豆知識】
人口 595万人
面積 8万9000㎡(日本の約4分の1)
民族 アラブ人98%
宗教 イスラム教スンニ派92%、キリスト教6%、他
言語 アラビア語
通貨 JD1≒¥109

(2012年5月撮影)


ヨルダンの写真を載せました。
fotologue


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Aqaba [Jordan]


IMG_6589.jpg
Aqaba Fort : Canon EOS 350D




Aqaba


ヨルダンの4日目後編です。

ワディ・ラムでジープ・サファリをしたあとヨルダンの
最南端都市アカバに到着です。

アカバは人口11万人の港町で、ヨルダンで唯一
外海(紅海)に面している場所です。
海を挟んでイスラエルのエイラート、エジプトのタバ
などと対します。古来よりアフリカ、アラビア半島に
繋がる地の利を生かして海上貿易の拠点として、
イスラム布教後はメッカ巡礼の中継地として栄えま
した。
近年では、アラビアのロレンスのアカバ攻略戦の舞台
になったことでも有名になったようです。

ここでも「アラビアのロレンス」が出てきましたネ。では、
映画の撮影も行われて、唯一の見所?のアカバ要塞
に行ってみましょう。


IMG_0447.jpgIMG_0451.jpg
2001年に街全体が免税エリアになってどんどん発展   ロータリーの標識です。アラビア語は読めません。
しているそうです。                  外国では信号機を設置しないでロータリーの交差点
                               が多いですね。
IMG_0453.jpgIMG_0456.jpg
何故か馬が歩いてました。               モスクです。ヨルダンでは基本的に外国人は中に
                                    入れないようです。

IMG_0457.jpgIMG_0458.jpg
かなり暑かったので地元の人が沢山泳いでました。    公序良俗に反する画像はありません。^^         


IMG_0468.jpgIMG_0467.jpg
アカバ要塞に到着です。お金を徴収する人がいなかった   でも、何も無くてつまらなかったです。
のでタダで入れました。(汗)

IMG_0473.jpgIMG_0475.jpg
帰り道、スークに行こうと思いましたが暑くて       ホテルの部屋から見えたアカバの町並みです。
諦めました。




アカバはリゾート地として栄えていますが、これと
いった見所は殆どありませんでした。
でも、紅海の珊瑚礁が美しいようなので、マリン
スポーツを楽しむ方には良いところではないで
しょうか。

ヨルダンの一般的なツアーでも、アカバまで行くの
は、なかなかないようです。
マイナーな場所ですが、ヨルダンを深く知るのには、
良かったのかな。


次は死海を目指します。




ヨルダンの写真を載せました。 fotologue


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Wadi Rum [Jordan]


IMG_0386.jpg
Wadi Rum : Canon IXUS 230 HS




Wadi Rum



ヨルダン、4日目です。
念願であった、ぺトラ遺跡を観ることができたので、
当初の目的は達成しましたが、実はヨルダンでもう
一カ所行きたかったところがありました。それが、
ワディ・ラムです。

ここワディ・ラムは先カンブリア紀の砂岩層が隆起した
後浸食され「月の谷」と呼ばれる独自の景色が見られ
るところです。

幅は5km、長さ25kmの広さがあり、ベドウィンを率いて
オスマントルコと戦った英軍人トーマス・エドワード・
ロレンスはここに本拠地を置いてベドウィンと生活しま
した。彼の人生を映画にした「アラビアのロレンス」
(1962年英)の撮影もここで行われたそうです。
この映画観てませんが・・・。^^

では、ジープに乗って出発!



IMG_0332.jpgIMG_0339.jpg
ワディ・ラムに近づくと岩山が多くなります。    昔々、ダマスカス(シリア)とメディナ(サウジアラビア)を
                          結んでいたヒジャーズ鉄道の残りです。殆どの区間は
                          廃線となりましたが、ヨルダンの一部では利用されてます。
IMG_0345.jpgIMG_0356.jpg
左の大きな岩山が「七つの知恵の柱」だと思います。  ジープ・サファリのスタートです。
                           といってもトラックの荷台に乗っているだけですが。

IMG_0372.jpgIMG_0375.jpg
ロレンスの泉 岩山の中腹から泉が湧き出ています。            


IMG_0392.jpgIMG_0393.jpg
馬に乗るサファリもあるようです。           本日、唯一の見どころ「ハザリ渓谷」に到着です。


IMG_0398.jpgIMG_0419.jpg
紀元前2世紀頃ナバテア人が描いた岩絵だそうです。    この岩山で高さ300mあるそうです。




砂漠の中に巨大な岩山が点在する不思議な景色。
2日前は砂嵐だったようで、天候に恵まれてラッキー
でした。このすごい景色を見ることができて良かった
かな。
ちなみに、ワディ・ラムは2011年に世界遺産に登録
されてます。

この日は、この後ヨルダンで唯一外海(紅海)に面し
ているアカバを目指します。



あと、一回続くかも。




ヨルダンの写真を載せました。 fotologue


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Petra "Ed Deir" [Jordan]


Petora


前編に続き、今回はペトラの後編です。
柱廊通りの奥にあるレストランで食事後、さらに奥にある
エド・ディルを目指します。

エル・ハズネは「インディジョーンズ/最後の聖戦」で有名
になりましたが、このエド・ディルは「トランスフォーマー/
リベンジ」の1シーンに出てきました。でも、マニアック(汗)
な映画なのか周りの方に聞いても反応はあまり良くなく
記憶に残ってないようでした。

では、800段とも言われている石段(正確な段数は不明)を
登ります。


IMG_6308.jpgIMG_6311.jpgIMG_6317.jpg
早速、山登りスタートです。     ライオン・トリクリニウム         まだまだ、続く
                      途中にある翼を持ったライオンの寺院

IMG_6319.jpgIMG_6325.jpgIMG_6327.jpg
陽射しが強いのでかなり暑かったです。 写真では分かりにくいですが、  風の力でこのような形になったのかな。
                     かなりの高度があります。











IMG_6337.jpg
The Monastery : Canon EOS 350D





1時間ほどかけて登るとエド・ディルに到着です。
個人的にはエル・ハズネも楽しみでしたが、このエド・ディル
も非常に楽しみでした。

エド・ディル(修道院)という名前の由来は壁に十字の印が
いくつもあることからという説と4世紀に修行僧がここで修行
したからという説があるようです。

ちなみにエド・ディルはぺトラ最大の建物(といっても岩を掘
り抜いたものですが。)で高さ45m、幅50mあるようで、エル・
ハズネと比較して一回り大きいです。



IMG_6362.jpgIMG_6344.jpgIMG_6347.jpg
エド・ディルの上にも壺らしきものが  エド・ディルの上にある丘からの眺め  途中にあった祠。何の祠か不明。
あります。

IMG_6369.jpgIMG_6376.jpgIMG_6402.jpg
こんなモノが落ちてきたら・・・。ぞ。  カスール・アル・ビント        柱廊通り
                      ドゥシャラ神を祀った神殿

IMG_6405.jpgIMG_6407.jpgIMG_6415.jpg
コリンシアンの墓            アーンの墓              ローマ円形劇場



ぺトラは1日ではすべての遺跡を回ることが不可能な
くらい広いです。行く前に見たい場所を、あらかじめ調
べておくと見逃しが無いと思います。

それとこの日は、ペトラバイナイトと言って夜のエル・
ハズネも見に行きました。
こちらは、月・水・木限定のイベントです。
キャンドルに照らされたエル・ハズネを見ることが出来
ますが、できれば昼間のエル・ハズネを見る前に行った
方がいいと思います。やはり、昼間の方が綺麗かな。

これでペトラの見学は終了ですが、今まで行った世界
遺産のうち深く印象に残った場所の一つとなりました。
(満足度:大です。)


もう、ちょっと続く。




ヨルダンの写真を載せました。 fotologue


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行